ひざの痛み
日常生活を送る上では欠かすことが出来ない立ち座り。
この動作で一番ストレスがかかる膝に痛みを抱えている人も多いです。
☑ 立ち上がりや座る時に膝が痛くなる
☑ 歩き始めに毎回膝が痛くなり、しばらくすると楽になってくる
☑ 長時間歩いてくると膝が痛くなってくる
​​☑ 左右へふらふらして、膝が痛い
☑ 階段の登りは大丈夫でも、下りだと痛くなってくる
☑ そもそも階段の上り下りが苦手
☑ 最近、正座が出来なくなってきたり、痛みも出てきた
☑ はじめは膝痛だけだったけど、股関節や足首まで症状が出てきた
☑ 歩くのは大丈夫だけど、走ると毎回痛くなってくる
  などなど
膝痛で悩んでいる人はとてもたくさんいらっしゃって、症状も様々今まで見てきました。

現在では洋式の生活になっている人も多いですが、
床に座って生活していると姿勢も崩れて膝にもストレスとなっていきます。

もちろん洋式の生活でも足を組んだりすると骨盤・背骨だけではなく、膝にも影響してきます。
胡坐や横すわりでは膝は捻じれ・姿勢も悪く、
正座ではひざの中にあるクッションの働きをする半月板にストレスがかかったりと膝は酷使されます。

背骨にも影響するということは『神経』の働きが鈍くなり、
しゃがみ込みなどで緩んでほしいタイミングで筋肉が緩まなかったりということも・・

周辺の組織に十分な柔軟性が確保されていれば、
ストレスを多少は受け流すことが出来ますが、
大抵の人は毎日同じような行動・生活を行っているので柔軟性にもばらつきが出てきて、
いつかは違和感や痛み等の症状が出てきてしまいます。

膝痛でも、
膝やその周囲の組織そのものを痛めて(障害)いる方や
膝以外の違和感・痛みを庇っていたためにたまたま膝に痛みが出ている方など
色々な原因があるのでしっかりと突き止めて対処しなければなかなかよくはなってきません。


【治療院CSK】では
膝を含めて、足がどのように捻じれて、どこの機能が低下しているか?
使い方はどうか?をチェック・修正して動作改善を図っていきます。

単純に曲げ伸ばしで痛いのか?
力が加わった時に痛いのか?
膝といっても内側・外側・上下・前面・後面?などなど・・

言葉では同じひざの痛みでもいつ痛みが出るのか?
どのような動作がしづらくなったのか?などで
アプローチが変わってくるので当施設ではそのあたりをきちんと施術できるようにしていきます。

靴のすり減り方のアンバランスであったり、
股関節周囲の機能障害であったり、
色々な要因が関わり、様々な症状を出現させます。