腰痛・ぎっくり腰
現代人の多くの方が一度は経験したことがある腰痛。
病名としては椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・分離症・すべり症・側弯症などなど・・
これらの物理的要因が原因と思われる腰痛は実は15%ほど
残りの85%は心理的要因を含んだストレスによる腰痛です。
非特異的腰痛【医師の診察および画像の検査(X 線や MRI など)で腰痛の厳密な原因が特定できない】と言われているもの。

☑ 『そのうち治るわ』と放置してしまい、長年の慢性腰痛で苦しんでいる
☑ 毎年同じ季節や季節の変わり目に腰痛に悩まされる
☑ 朝起きるときに腰が重だるく痛くなる
☑ 立ち上がりや前かがみなど動き始めに腰が痛くなる
☑ ​長時間立ってると痛くなる
☑ 妊娠中、産後にしつこい腰痛に悩まされている
☑ マッサージ等を受けたときは楽な気がするけど、またすぐ戻った感じになる
   などなど・・
あなたもこのようなお悩みで苦しんでいませんか?
いつまで今の治療を継続しますか? 
これだけ挙げてもさまざまなタイプの腰痛があることがお分かりかと思います。
それぞれのタイプに対して治療方法が異なることも・・
『腰痛ならこの同じパターンの施術・運動』で良くなるはずがありません。
 子供のころは腰痛なんてなかった方がほとんどだと思います。
ではなぜ?年を取るにつれて腰痛に悩まされるようになってしまったのでしょうか?
➡長年の悪習慣・癖や大人になるにつれ経験・知恵・力も身につけ、
自分にとって使いやすい部分と使いにくい部分の差が大きくなる分
ひずみが生じ、ストレスも大きく、蓄積され、終いには痛みが出現してきます。

➡悪い姿勢も一つの要因ですが、
子供のころは身体をうまく使ってストレスを逃がしていたんです。
もちろん身体(筋肉・関節)も柔らかかったのも要因。動き回っているので・・

大人になると動く範囲・動かす範囲も狭くなってしまい、
それが本来持っている関節の機能を十分に発揮できず、
長年の蓄積で筋・筋膜もそれ相応の対応になり、すべてが悪循環となります。
原因としては腰そのものである場合と
それ以外(上半身や骨盤、股関節、足)【むしろその方が多い】といった根本原因を
しっかりと抽出して施術に当たらないとその場だけで翌日には同じような感じとなります。

大事なポイントを見逃している場合もあります。

【治療院CSK】では
症状の出ている被害者である腰だけではなく、
加害者である根本原因に対してしっかりと施術・ケアを行うことで
腰痛改善・再発しにくい身体づくりを提案していきます。

同じことの繰り返しにならないために
苦手で使われなくなった部位にも目を向けてあげてください。

自分では正しく使えているようでも正常に機能していないことがほとんど。
これは誰かにチェックしてもらわないと自分ではなかなかわかりづらいです。
今少し注目が集まっている筋・筋膜ですが、
当施設でもそのつながりを考えながら施術にあたっています。
その
筋・筋膜は姿勢変化でも関連するところが変わってくるので
どのような姿勢・動作の時に症状が出るかによっても
アプローチする部位が変わってくるように
腰痛になった根本のストレスがどこかを考えながら施術していきます。

➡もちろんそれはほんの一部分での要因でどれが真の症状の原因か?
『関節・筋肉・神経』を検査・評価していきます。

腰だからここだけやっておけば大丈夫という判断は当施設では行いません。
​患者さんがどのような生活習慣で、
いつ痛み等症状が出ているか?
しっかりとカウンセリング・検査を行いながら
患者さんにフィードバックしながら行っていきます。